Top  >  イベント・ボランティア情報  >  わくわく防災ごっこ

わくわく防災ごっこ

あそびを通して見る、知る、考える
「いざというとき」のこと。

このイベント・ボランティアの詳細情報

   ワンクリック参加ボタンは下の方にもあります
日時 2018年09月27日(木)~ 2018年10月21日(日)
時間 AM10:00~PM03:00
会場 燕市児童研修館「こどもの森(新潟県燕市大曲3355番地)」
カテゴリ 暮らし、参加・体験、講座・セミナー
内容 ●日時:
・9月27日 (木)10:15~11:45
・10月4日 (木)10:30~12:00
・10月11日(木)10:30~11:45
・10月18日(木)10:30~11:30
・10月21日(日)10:00~15:00


●内 容 :
○9月27日 (木)10:15~11:45
「ママのための防災講座」
子どもを育てるときに覚えておきたい防災の知識を
”防災メモ”を活用して学びます。
100円ショップで揃えられる非常用持ち出し袋の中身もご紹介。

講 師:NPO法人WWA
対 象:乳幼児とその母親
参加費:無料
申 込:必要(9/13受付開始)
定 員:15組


○10月4日 (木)10:30~12:00
「もりもり食堂防災編」
「パッククッキング」の手法を使った
非常食調理の方法を学びます。
離乳食や食物アレルギーにも対応できる調理法。
備蓄食糧についても一緒に考えましょう。

対 象:乳幼児とその母親
参加費:200円
申 込:必要(9/20受付開始)
定 員:10組


○10月11日(木)10:30~11:45
「防災キャンドル作り」
ふだんはインテリアとして飾っておける
ドライフラワーキャンドルを親子で作ります。
非常時には防災グッズとして活躍します。

講 師:にじいろドロップス
対 象:乳幼児とその保護者
参加費:200円
申 込:必要(9/27受付開始)
定 員:15組


○10月18日(木)10:30~11:30
「赤ちゃんの救急法」
赤ちゃんへの心肺蘇生法を学びます。
体の小さな赤ちゃんだから気をつけるべきことは?
ケガややけどへの対処、AEDや救急車の利用についても
消防署の方から教えていただきます。

対 象:乳幼児とその保護者
参加費:無料
申 込:必要(10/4受付開始)
定 員:15組

○10月21日(日)10:00~15:00
こどもの森と交通公園をまるごと使って、
わくわく防災スタンプラリー!
さまざまな災害を想定して設けられた体験ブースで、
今すぐ使える防災知識を学びましょう。
かわいい景品ももらえます。
当日は、11:30からアレルギーに配慮した
炊き出し訓練を行います。(100円・限定100食)

対 象:どなたでも
参加費:ブースによって異なります
申 込:不要

※体験ブースの例
・非常食炊き出しコーナー(100円・限定100食)
・お役立ち!保存食紹介
・非常持ち出し袋の紹介
・いざ!というときのトイレ体験
・新聞紙で作ろう!防災工作
・親子で覚えよう!防災体操
・消火器体験
・ヘルプカードを活用しよう
・防災ライトづくり
など。体験内容は変更になる場合があります。
主催 特定非営利活動法人日本NPOセンター
似ているイベント
問い合わせ 燕市教育委員会 子育て支援課
電話 0256-61-1551
FAX --
メール info@nan-web.org
URL
チラシ